地球の裏からコンニチワ

ブログ頑張る。

とりあえず、つらつらと、記事書きました。

毎日一記事を目指しています。

昨今のブログ界を見ていますと、量よりも質を重視したほうが何かと良いだろうとは自分では思っているのですが、なにぶん、書くことが習慣化されていないと、質云々ではなく、記事を書かなくなってしまっているので、ここ一週間はまず書くことに慣れようと思います。 質は一旦横に置いておきます。

今日は今働いている企業でweb担当をしていますので、そこの思うところを書いていこうと思います。 勤め先は10数人程度の小さな会社です。一応はIT企業であるのですが、売り上げが一番でかいのは、オリジナル製品販売です。いわゆるオリジナルTシャツやオリジナルカップといったものの制作依頼を受けて、から発注するものです。 会社には製品の制作できる環境はありませんので、実際の制作は外注するのですが、、、(あれ?これはSIerと同じ構造が見え隠れしてるぞ。。。) 私はそこでその事業部が出しているメディアサイトの運営に半分携わっています。なぜ半分かというと、普通にクライアント依頼の制作やディレクションも行っているからです。

そのメディアサイトの記事は制作部の部長が書いているのを私が見直して、修正してアップしているのですが、いかんせん、彼も私も記事を書くということに慣れておりません。 SEOを意識した書き方ばかりになって、質が落ちているのが最近は分かります。一記事内の文章量も少なくなってきており、監修している私自身、知識が少ないながらもやばいと感じる次第です。

最近では、記事内に広告を載せようという話まで上がってきているのですが、企業の運営するメディアやブログというものに広告を載せるというのはどうなのでしょうか。 もちろん元々の収益方法が広告という形態のメディアサイトはいいかと思いますが、運営するメディアから弊社サービスの顧客を見つける(作り出す)といった目的で行われているものに広告を出しては、目的のページへのリンクも減ってしまいますでしょうし、読者も減ってしまうのではと気がかりです。(いや、まあもともと少ないのですが。。。) LIGなどはもともと集客目的で行ったメディアがメインになった例なのかなとは思ってはいますが、弊社の記事の書き方ではああいう風にはいかないのではないかと思ってしまいます。

広告載せた方がいいのでしょうか。すごく悩みます。